一日30分から

私がしている英会話の練習をご紹介します。
しかし自己勉強なので、これが上達する!という物ではありません。

私は、マンツーマンの英会話スクールが終わった後
家に帰ってその日の復習から始めます。
でも全体的な勉強は30分と決めているのです。

それは何故かというと、真剣に勉強出来るのが30分だと思っているから。
長すぎても集中力が途切れて勉強した意味がなくなってしまうので
初めから30分だけと決まり事を作る様にしました。

後は、なるべく電車内や移動時間に英語の音楽を聴くという事。
リスニングの勉強では単語ばかり出てくるけど、
洋楽ならリスニングの勉強にもなって、単語の勉強にもなるんです。
こんな感じで、息抜きや間を開けないでいいような
勉強の仕方を初めから作る様にしていました。

するとイライラ感や、飽きっぽい私でも続る事が出来ているので
自分に合った勉強法を見つける事が一番だとわかりました。
毎日続ける事で、英語力ってどんどん培われていきます。

まずは一日30分始めるのもいいのではないでしょうか。

シャドウイング

英会話を勉強する上で効果的とされている方法のひとつが「シャドウイング」です。
シャドウイングとはシャドウ=影からできた言葉で、
リスニングをしながら影のようにぴたりとくっついて文章を読む勉強方法です。

どういうことかというと、
まずリスニング教材を用意します。
慣れれば英語のニュース番組やラジオでもOK。
最初のうちは教材として用意された音源とテキストを使うといいでしょう。

一度目はテキストを目で追いながら文章を耳で聞きます。
このとき、頭の中で聞こえてくる音を発音しながら聞いてみましょう。
一度目で追えない場合には何度か聞きます。

次はテキストの文章を見ながら発音します。
なるべく同じ速さで読むようにしましょう。
途中でひっかかってしまってスムーズに読めない所があればチェックをしておきます。

続いて音を聞かずに読みます。
チェックしたところは何度も繰り返し、なめらかに読めるよう練習しましょう。
早送りの速さで読むことで舌を鍛えるのも効果的です。

ここまでの流れを何度か繰り返したらいよいよシャドウイングです。
テキストの文章を見ずに音を聞き、
その音に少し遅れるようにして発音します。


アプリで単語学習

学生のころ、受験勉強や英語の試験勉強として英単語を書いた単語カードを使っていた人は多いんじゃないでしょうか。
ぺらぺらとめくって単語の意味を確認できる単語カードは手軽ですが、
苦手な単語だけを復習したりひとつひとつの細かい意味を調べたりといった学習には不向きです。
単語をただ覚えるだけでなく、より実践的な英会話として覚えるためには工夫して勉強する必要があります。

これから改めて単語を覚える場合にはスマートフォンのアプリを活用してみましょう。
単語の品詞や代表的な意味だけでなく、用例や類語など、アプリならではの機能がついており便利です。
ネイティブの音声が収録されているアプリの場合には発音を学ぶこともできます。
持ち運びにも便利ですし、通勤中の電車の中でもこっそりと勉強できるのでおすすめ。
アプリによっては何千もの単語を収録しているものもあります。
毎回前回の復習から始め、着実に単語力を伸ばしていきましょう。

娯楽を効果的に

海外ドラマや映画を勉強に取り込んでいる人がいました。内容が気になって集中出来なくなってしまわないのだろうか、と思いましたが本人曰く、寧ろ内容が気になるから集中して理解しようとするのだそうです。

 

また、俳優の表情や仕草などからどういうシーンで使われる言葉なのかを、空気や人をとおして理解できると言います。確かに私もマンツーマンの英会話で話す会話は勉強しようと意識しなくても頭の中に入って来やすい感覚があります。耳だけでなく視覚情報と結び付けて理解するのも良い勉強法です。加えて、一般的に演技ではなるべくわざとらしさを無くすようにし、カッコ良く聞こえるように話します。なので、自然と学べる英語が妙にネイティブチックだったり気の効いた言い回しで覚えられる、と本人は言っていました。

 

全てが全て言ったとおりに上手く噛みあうとは思えませんが、まず自分の好きな分野から勉強を始めようとするのは良い試みだと思いました。やはり、辛いことだと続かないので、会話を楽しむことを念頭において取り組むと苦手意識の解消にも良さそうですね。